「韓国に行く時は気を付けて!」フランスが発令した注意報に韓国ネット落胆

▼記事によると…

・2019年11月7日、韓国・KBSは、フランス外務省が訪韓旅行客に、ある注意報を発令した背景を報じた。

記事によると、フランス外務省のウェブページにある自国民に向けた海外旅行情報のページで「韓国」を選択すると、最初に「デートレイプドラッグ」への注意を促す内容が表示される。

この内容は先週アップデートされたといい、「弘大(ホンデ)や梨泰院(イテウォン)、江南(カンナム)のクラブで被害が多数報告されている。犯罪の危険に注意せよ」「主に酒や食べ物に混ぜる手法だ。クラブや居酒屋には1人で行かず、グラスは常に持ち歩くように」などと呼び掛けているという。

2019年11月8日(金) 22時50分
https://www.recordchina.co.jp/b669470-s0-c30-d0058.html

大韓民国


韓国は朝鮮半島の南半分に位置する東アジアの国で、非常に厳しい軍事境界線が北朝鮮との間にあります。韓国はまた、桜の木や数百年前に建てられた仏教寺院が点在する緑に覆われた丘陵地帯や、海辺の漁村、亜熱帯の島、首都ソウルのようなハイテク都市でも知られています。
大韓民国 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

日本の外務省もこういう注意発起ホントやってほしい。

日本の外務省、仕事して!

フランスにはヘイトと言わないのかい

日本政府も韓国への渡航注意情報を出すべき。

日本人みたいに優しく無いからね、フランスはw

韓国に行くのならそれは自己責任で

日本でコレやったら間違いなくヘイト扱い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認