京アニ容疑者 一時的に意識回復「痛い」
【産経新聞】8/9(金) 23:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000608-san-soci

 

▼記事によると…

・京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警が殺人などの容疑で逮捕状を取得した青葉真司容疑者(41)が一時的に意識を回復し、「痛い」などの言葉を話すようになっていることが9日、関係者への取材で分かった。

関係者によると、青葉容疑者は全身麻酔の状態が続いているが、麻酔を緩めると意識を回復し、「痛い」などと言葉を発するようになっているという。視力や聴力もあるとみられる。今後、皮膚移植などの治療を受ける予定で、治療の進展次第で回復する可能性が出てきたという。

京都アニメーション


株式会社京都アニメーションは、日本のアニメ制作会社。略称は京アニ。主にテレビや劇場用アニメーション作品の企画・制作、他社作品の制作協力を行っている他、出版事業やマーチャンダイジング事業なども行っており、アニメーションを軸としたコンテンツ事業を展開している。会社商標ロゴは「京」の文字をモチーフにしてデザインしたもの。
代表者: 八田英明(代表取締役社長)
京都アニメーション - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • もう治療する意味がわからないな。
  • 無事回復して司法の場で刑罰を受けさせるべき。
  • まったく解せぬ事件だが全容解明のためにも回復を願います。
  • もう少し『痛み』を味わえるねぇ。
  • 亡くなった方々は、もう「痛い」と感じられない…
  • 遺族の方は悔しい悲しいだよ。
  • 犠牲になった被害者の痛みである。
  • 自分で招いたこと。なにも悪くないのに苦しんだ方、現在も苦しんでる方の分まで痛みを感じて欲しい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認