「骨折だけで殺すとか…」 競走馬の安楽死を否定する人に知ってほしい思い

▼記事によると…

・2019年7月30日、日本競馬界の主峰『ディープインパクト』が死んだというニュースが日本中を駆け巡りました。

・ディープインパクト 安楽死に寄せられる声
ニュース番組でも取り上げられるほど、世間に大きな衝撃を与えたディープインパクトの死。さらに、『安楽死』という処置が賛否両論を呼んでいます。

人間の安楽死と違い、動物の安楽死は人間の判断によって決められます。極端ないいかたをしてしまえば、そこに動物の意思はありません。

そのため、「人間の都合に振り回されてかわいそう」といった厳しい声が上がっているのは事実です。

しかし、そうした安楽死に対する世間の批判の声に異を唱えた投稿が反響を呼んでいます。

2019/07/31 14:38
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5726936

▼投稿がこちら

この投稿をInstagramで見る

 

おはようございます。ITです。 昨日のシャケトラ安楽死のニュース対して、SNS上で批判的なコメントされてる方が多々いらっしゃるのでとても残念な気持ちです。残念というか、憤りを覚えるというか… 批判的なコメントされてる方の多くは 『簡単に殺して…』 『骨折だけで殺すとか…』 『馬じゃなくて人間だったら殺さないのに…』 『金のために走らされて使えなくなったら殺すとか…』 などなど酷い言葉ばかりで。 こういう方々は、何故動物の立場には容易に立てるのに、その馬に関わる『人』の立場には立てないのでしょうか… 同じ人間の気持ちになる方がよっぽど簡単だと思うのですが… 批判している貴方は動物、好きですよね? 馬に関わる人だってみんなそうです。 馬が大好きなんですよ? 貴方より馬の世話をしていますし 貴方より馬への知識もありますし 貴方より馬が好きな自信も自負もありますし 貴方より馬のことを毎日考えているのです そんな方達が、もう『安楽死するしかない…』って、’苦渋の決断で’安楽死の処置をしているのです。 どうしてそれがわからないのでしょう… 想像もしないのでしょうか… 私には批判している人達の方がよっぽど酷い人間に思えますよ。 飼っていたペットが死んでしまった友人がいるとして、貴方は 『なんでもっとちゃんと世話してやらなかったんだ』 『自分の身勝手で飼ったのに死なすなんて…』 などの酷い言葉をかけるのですか? 貴方が批判しているその言葉は、それと同等ですよ。 …すみません、どうしても自分の心の中だけに留めておけなかったので書かせていただきました。 そしてここからが本題で、では何故骨折で安楽死しなければならないのか、です。 理由は、簡単にいうと 『馬は歩けないと生きていけない』 からです。 馬は身体がとても大きい動物です。それ故に、心臓の働きだけでは全身の血流が上手くいきません。 その助けをしているのが、脚なのです。馬の蹄は裏面が柔らかくなっており、着地するときに広がり、地面を離れるときに収縮する、この作用を繰り返すことでポンプのような役割をしており、この作用により、古い血液を心臓に戻しています。これを『蹄機作用』と言います。 蹄機作用が正常に働かなくなるとどうなるか、勘の良い方ならわかると思いますが、古い血液が徐々に脚に滞るようになってきます。 自分の指に輪ゴムを巻いておくと徐々に指先が鬱血して青くなってきますよね?あの状態が馬の脚で起こるようになってきます。当然、骨折とは別の症状が出てきます。 そして当然それは痛みを伴うものになってきます。 結果、馬にとって痛い箇所が増えるだけ。そのまま悶え続け、餌も食べられなくなり、動く気力もなくなり、ただただ苦しみ続けて最期を迎えることになります。 では、馬を寝かせておいたら? これもダメです。下になっている部分が自身の体重に耐えられず壊死してきてしまいます。馬は寝たまま寝返りをうつことが困難(できる子もいますが)なので、一旦立ち上がって反対側を下にする必要があります。故に、骨折している脚では上手く立ち上がることが出来ない為、寝かせておくこともできないのです。 もし人間なら、言葉が通じますので『安静にしていてください』 の一言でいくらでも治療が進みます。 犬や猫は言葉は通じませんが、身体が軽い為、こちらもいくらでも治療のしようがあります。 でも、馬はそうはいかないのです。 蹄機作用があることを、馬自身は知りませんし、伝える術もありません。 痛いから動かない、もしくは痛いから暴れる、しかできないのです。 そしてその先に待つのは症状の悪化しかありません。『現状維持』すらできないのです。確実に、『悪化』の道しかありません。 自力で脚を着ける程度の骨折であれば、治療を選択するはずです。事実、今回安楽死の処置をされたシャケトラは、骨折から復帰していますから。 今回は、そうではなかった、ということです。 随分長くなってしまいましたが、これが、馬が骨折したときに安楽死の処置をされる理由です。 どうか知識として知っておいてください。 そしてどうか、馬屋で働く人達の気持ちを軽視するような発言はしないでください。 誰よりも、 『安楽死なんてさせたくない、助けてやりたい』 って思っているのに、それが出来ないことを知っているし、受け入れなければならないのですから どうか、よろしくお願い致します #競馬 #安楽死

IT(イット)さん(@it_keiba)がシェアした投稿 -

ディープインパクト


ディープインパクトは、日本のサラブレッドである。2005年に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠を達成、2006年には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となった。種牡馬としては2012年から2018年の日本のリーディングサイアーである。
生年月日:2002年3月25日
ディープインパクト - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

競馬に全く関心がない俺でも知ってる。そんな有名馬でさえこの処置なんだから、骨折がもたらす重篤性は知らなくても、のっぴきならない理由がある事くらいは想像を巡らせて察しろって話だわな

言葉、文章一つ一つから痛いくらいに思いが伝わってきて、つい最後まで読んでしまった。馬の気持ちはわからないけど、せめて彼の駆け抜けた17年…

同じことを思ったけど、冷静に事実を知ることも大事なんだと思いました。感情に捕らわれてだけいると見えない事(知らない事)あるもんだね。🤔

徹底的に批判するなら、安楽タヒせずとも助かる方法を教えていただこうか

世の中には馬の生態も知らないエセ動物愛護者が大勢いるんやな。

ディープインパクトがどうして死んだのか知らないままRTしたけど、安楽死だったのね。でも背景にこういう理由があった。もし実家で飼ってる猫が救いようのない病気で、苦しむだけの最期なら安楽死を選べるだろうか。馬屋の人の苦渋の決断。外野がとやかく言えない。

実は私もちょっとそれは気になっていたので知る事ができて良かったです。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事