年末ジャンボ1等当たりくじを偽造 銀行に持ち込んだ男を詐欺未遂容疑で逮捕

▼記事によると…

・愛知県警中村署は6日、2018年12月31日に抽選があった「年末ジャンボ宝くじ」の偽造当選券で、1等7億円をだまし取ろうとしたとして、三重県四日市市の無職、山本智章容疑者(42)を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。この宝くじの換金期限は6日だった。同署によると、山本容疑者は「正規の販売店で購入した宝くじのうちの1枚」と容疑を否認している。

逮捕容疑は6日午後、名古屋市中村区のみずほ銀行で男性行員(40)に対し、偽造の宝くじ当選券を出して当選金7億円をだまし取ろうとしたが、行員に見破られて失敗に終わったとしている。

1/6(月) 21:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000057-mai-soci

中村警察署


中村警察署は、愛知県警察が管轄する警察署の一つである。大規模警察署であり、署長は警視正。所在地は中村区椿町17番地の9にある。
中村警察署 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

高額当選は購入店を聞かれるんじゃなかったか?

天才じゃったか!!!

。゚∵・(ノД`)∵゚。 うわああん

数万円からやろうぜw

勇気あるなぁ

面白いニュースだなぁ

なんか頑張れ!

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事