元朝日記者の控訴棄却 慰安婦記事で札幌高裁

▼記事によると…

・元朝日新聞記者の植村隆氏(61)が、慰安婦について書いた記事を「捏造(ねつぞう)」とされ名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの桜井よしこ氏(74)と出版社3社に謝罪広告の掲載と損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌高裁(冨田一彦裁判長)は6日、訴えを退けた1審判決を支持し、植村氏の控訴を棄却した。

・冨田裁判長は判決理由で、3社発行の週刊誌などに掲載された桜井氏の記事が、植村氏の社会的評価を低下させたと認定。一方、桜井氏が記事内容を真実であると信じたことについて理由があると認められるほか、公共の利害に関することであるとして、植村氏の社会的評価が低下しても違法性はないとした。

・桜井氏
「裁判所が事実関係をきちんと見てくださったことに感謝します」

・植村氏は上告する方針
「不当判決で絶対に容認できない。正義を実現するためにこれからも頑張りたい」

2020.2.6 17:04
https://www.sankei.com/affairs/news/200206/afr2002060014-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

植村隆 プロフィール


植村 隆は、ジャーナリスト。 株式会社金曜日代表取締役社長、 韓国のカトリック大学校招聘教授。朝日新聞社記者、北星学園大学の非常勤講師を歴任。 朝日新聞記者時代に書いた韓国人元慰安婦金学順の証言に関する2件の記事が問題となった。 8月11日の記事は「慰安婦」と「挺身隊」を混同しているとして後日訂正された。
生年月日: 1958年4月 (年齢 61歳)
植村隆 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

植村隆氏の正義って?

ワッハッハ!久々に日本人の一人として痛快な気持ちになれる真っ当な判決を見た。

これは、「捏造記者」の称号を高裁も認めたということですね。

不当判決と言うなら、桜井よしこ氏と直に討論して勝てば良いのだよ。まぁ~記者としての誇りを捨てた男にはできないよね。🤭

正義を語る捏造記者。

その「正義」の朝日新聞が日本から根絶される事を国民は望んでいます。

何を頑張るの?

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認