インフルエンザ患者低調 新型コロナウイルス対策が影響か

▼記事によると…

・今シーズンは例年より早いインフルの感染拡大を見せ、昨年12月下旬に患者数は推計で300万人を超えたが、1月に入って鈍化。例年、1月下旬~2月上旬にピークを迎えるが、厚労省によると、今シーズンは目立ったピークも来ていないという。

インフル患者数減少の背景には、新型コロナウイルスへの対策が効果を発揮している可能性がある。新型コロナウイルスの予防対策には、こまめな手洗いやアルコール消毒などが有効で、インフル予防と共通している。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、国や全国の自治体がそうした対策の啓発に力を入れている。

厚労省
「一概には言えないが、新型コロナウイルス対策で多くの人が感染予防の行動をとっているのは(インフル減少の)一つの要因としてはありえる」

東京都感染症対策課
「推測だが今年は多くの方が手洗いを意識して予防行動をとっているのでインフルの減少に影響している可能性はある。普段から手洗いを徹底するというのは大事」

2020.2.6 19:59
https://www.sankei.com/life/news/200206/lif2002060047-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

インフルエンザ


インフルエンザとはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。上気道炎症状・呼吸器疾患を呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。季節性インフルエンザには、A型、B型、C型 の3種類があり、全ての年齢層に対して感染し、世界中で繰り返し流行している。日本などの温帯では、冬季に毎年のように流行する。通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンであるが、冬季だけに流行する感染症では無く夏期にも流行することがある。
インフルエンザ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

一方アメリカでは...

マスク手洗いより、人の多いとこ行かないようにしてる人が多い気がする今シーズン

ね、手洗いがどれだけ有効かというのが露骨にわかるわけです。(2009年の新型インフルエンザの時はみんな手洗いするようになった結果食中毒が減るみたいな話もありました

手洗い・マスクの心掛けで病気を回避できるということが実証された形かな?

皮肉だけど、皆んながしっかりウイルス予防を出来れば、毎年この数字を保てるって事なんだよね🙂

怪我の功名とはこの事だな。

同様に、コロナウイルスが日本国で蔓延しない事をせつに願います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認