75歳以上、負担2割で医療費8千億円削減 厚労省試算

▼記事によると…

・政府が検討している医療制度改革で、75歳以上の受診時の窓口負担を「原則1割」から「原則2割」に引き上げた場合、公費や保険料でまかなう医療給付費を年約8千億円減らせると厚生労働省が試算していることがわかった。

医療費を抑える効果があるが、75歳以上は収入が減るのに受診増などで窓口負担額が増える傾向が現状でもみられており、さらなる負担増は生活を圧迫しかねないとの指摘も。

12/2(月) 6:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00000006-asahi-soci

医療費


医療費とは、一年間にその国の国民が保健および医療に投じた費用の合計。公的支出と個人支出の両方が含まれる。これはその国の保健医療支出推計 として勘定される。
医療費 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

何のための消費増税だ!

将来的にじわじわ上げるなら、三割負担でいいと思うんだけどなー。

おれはここ10年医者に一度もかかっていないけど、保険料を計算すると500万ぐらい払ってる。一体どうなってんの。

「75才以上2割負担」は当然だ。

この国は高齢者優遇しすぎ。年齢に関係なく(年金を含む)年収によって負担が変わるようにしろ。

政府は市民を削減するつもりのようだな🙄

増税の言い分が社会保障の充実なのにどうして窓口負担がふえるのか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認