日韓関係における「正しい謝り方」とは 大澤真幸さん

▼記事によると…

・なぜ、多くの韓国人は過去の経緯についての日本政府の度重なる謝罪を受け入れず、日本を嫌い続けるのか。社会学者の大澤真幸さんは、その理由を「日本人の謝り方が間違っているから」と指摘する。「正しい謝り方」とは何か。そして大澤さんが提案する「北朝鮮問題をテコとする関係改善への道」とは?

(略)

2019年12月18日18時00分
https://www.asahi.com/articles/ASMDD56TMMDDUCVL012.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

大澤真幸 プロフィール


大澤 真幸は、日本の社会学者。元京都大学教授。専攻は数理社会学、理論社会学。社会学博士。
生年月日: 1958年10月15日 (年齢 61歳)
大澤真幸 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

朝日は謝り方を誤ったやん

正しい謝られ方ってのもあると思うんだ。

謝罪と賠償をとにかく許されるまで続けるのが加害者側の義務です。

許してもらうようなことしてないんで謝ること自体が間違い

許す気のない相手に謝るほど無駄な事はない。既に謝りもした、金も払った。そもそも、今や韓国に許される必要などない。

こりゃまたデカい燃料ぶっ込んできたなw

今や、謝罪受けて当然なのは、日本の方だと思います。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事