氷1300tで選手冷やす 五輪暑さ対策、全容明らかに

▼記事によると…

・ボランティアにはアイスクリームや瞬間冷却剤を配り、選手には体を冷やせるよう、1300トン以上の氷を用意する――。

2020年東京五輪・パラリンピックで、大会組織委員会と東京都が今夏の酷暑を受けて新たにまとめた暑さ対策案の全容がわかった。

選手向け、スタッフ向け、観客向けなど「きめ細かく対策を追加」(組織委幹部)したといい、予算はこれまでの総額40億円から60億円増の100億円規模となる見通しだ。

ただ、関係者の間には「これで十分なのか」と不安の声は消えない。

2019年11月15日04時50分
https://www.asahi.com/articles/ASMCF6JXWMCFUTQP019.html

2020年東京オリンピック


2020年東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。一般的に東京オリンピックと呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会の表記も見られる。東京での五輪開催は、1964年以来2回目。
日付:2020年7月24日(金) – 2020年8月9日(日)
2020年東京オリンピック - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

氷系の特殊能力者の家に召集令状来てるらしいな。

グレタちゃんに叱られる~

最終的には 心頭滅却すれば火も又涼しって良いそう〜〜…………笑えねえぜ………

そこまでしてもらわないとできないなら、もう選手やめたら?と思うのは私だけ?

氷の量1300tでは足りないでしょ。客席の下を全部氷で埋め、定期的に氷補充くらいしないと冷えないよ。スタジアムだと冷気は下に行きやすいだろうけどね。

おそらく、全く足りないと思いますよ。

さあ、グダグダになってまいりました

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事