@aka_kenshouさんのツイート

《拡散希望》

主人が新聞配達をしています。

こんな台風が来ると騒がれていても配達は無くなりません。

主人に「本当に行かなきゃいけないの?」と聞いても「当たり前じゃん」と麻痺しています。原付ではなく自転車です。

本当に死んでしまいます。

助けてください。まだ小さい子供もいます。

新聞


新聞(しんぶん)は、事件、事故や政治や経済や芸能やスポーツや国際情勢などの動向などのニュースを報じるためのメディアで、記事文章や写真、図面などが紙(新聞紙)に印刷され綴じていないものである。ただし、1990年代後半以降、オンライン上で新聞社が情報を配信する、いわゆるオンライン新聞も出現してきている。
新聞 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

沖縄住みです。台風が暴風域に入ったら配達ありませんね〜室外のポストに入れられても危なくて玄関開けられませんから取れませんし、ポスト自体暴風雨にさらされて中身無くなりますから。。

こんにちは。気がつくのが遅かったけど、朝日新聞本社に該当地域の配達中止の早期の決断と周知を依頼しました。

こんな時に新聞が遅れてもいいではないか。新聞配達休むべき。地域の状況に応じて販売店の判断で配達遅延もいいではないか。ヤマト運輸も今朝から集荷停止。新聞本社もかんがえるべき。

現役配達員です。明日朝刊に『遅れるか配達不可の可能性があります』ってゆー内容の紙をちらしに混ぜて配達します。ただ、販売店としては必ず出勤、配達できそうになくても時間までは配達するように。だそうです。社員に至っては何があっても配れ。だそうです。死人が出るまで会社は気づきません。

新聞配達する人の危険を考えたら急遽休刊にしてもいいだろうに。

微力ではありますが、購読している新聞社へ問い合わせしました。販売店に12日13日の配達一時停止を申し込んだら14日にまとめて3日分持ってきてもらう事になりました。配達の方はかえって大変かもしれませんが…

台風の日に出勤しなくていいから。それより、自分自身と家族を守ってほしい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認