「機密事案、韓国にわたさない」米国が文在寅政権に冷たい視線

▼記事によると…

・韓国では近年、原子力潜水艦を保有すべきとの主張が台頭している。北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発に力を入れており、これを搭載した潜水艦が実戦配備された場合、常時監視と即応体制の強化のため、長期間にわたり水中活動が可能な原潜が必要である、との理屈だ。

・米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、米海軍傘下の海洋システムコマンド(NAVSEA)のプログラム分析官であるジェームズ・キャンベル氏は先月28日(現地時間)、ワシントンDCで開かれた不拡散政策教育センター主催の専門家討論会で、韓国の原潜配備推進について「米国は韓国が同盟国だとしても(原潜)技術を渡さないだろう」と語ったという。

「米国の(潜水艦用)原子炉技術は私も接近できないほど、相当にハイレベルな機密事案です。米国は韓国が同盟国であっても、この技術(優位性)を絶対に放棄しないでしょう」(キャンベル氏)

11/2(土) 6:03
https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20191102-00149233/

原子力潜水艦


原子力潜水艦は、動力に原子炉を使用する潜水艦のことである。原潜と略されることもある。 以下では原子力潜水艦について説明するが、機密事項になっており不明な事柄も多い。
原子力潜水艦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

国際約束を守れない国が国と国との軍事機密を守れると思わない。

中国や北朝鮮に技術を間違いなく横流しするでしょう。その為、日本が韓国をホワイト国除外したのが良い例だと思います。

以前、実際に暗視装置のブラックボックス開けてアメさんにえらく怒られた事例もありますしね。

約束守らない、この時点でゲームオーバーです。全ては自力でどうぞ。

非韓三原則「教えない/助けない/関わらない」

普通はそう見るでしょうね(笑)

そもそも機密という概念があるんだろうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事