「女子高生コンクリ殺人」元少年が傷害事件の公判で裁判官に「猛抗議」

▼記事によると…

「なんで?なんで?」

「意見いいっすか、裁判官に手紙出したの届いてます? ナイフは頭に当たってない、捏造だと言ってるんです! 幅2センチ、深さ2センチの傷が……」

・綾瀬・女子高生コンクリート殺人事件。平成が始まったばかりの1989年に発覚し、世を震撼させたこの事件では、逮捕された主犯格の少年4人に対し実刑判決が下され、服役ののちそれぞれ社会復帰していた。

ところが昨年8月、女子高校生を監禁した家に住んでいた当時の少年、懲役4年以上6年以下の不定期刑を受けた湊伸治被告(46)が、埼玉県で逮捕された。同県川口市の路上で、当時32歳の男性の肩を警棒で殴り、首をナイフで刺したという殺人未遂容疑だ。その公判が現在、さいたま地裁(結城剛行裁判官)で開かれている。

・逮捕当初「殴ったり刺したりしたが、殺すつもりはなかった」と殺意は否認したものの行為自体は認めていた湊被告だったが、罪状認否では「えーと、警棒で右肩殴ったところ、ちょっと違う」と警棒で殴ったことを否認。ナイフで刺したことは認めていた。

ところが3月5日に開かれた第二回公判で再び主張が変遷。湊被告はAさんをナイフで刺したことも否認し始めた。弁護側が新たな証拠として、Aさんの“現在の”傷跡を撮影したいと証拠請求したが、裁判所は却下。これに納得いかない湊被告の発言が冒頭のシーンだ。

閉廷直前にも、ふたたび裁判官と湊被告とのバトルが繰り広げられた。声のボリュームはかなり大きめだ。

湊被告 「医者が言ってるんだったら、それは捏造だと思う!」
裁判官 「『ナイフによる攻撃は首には当たってない、仮に傷があるとすればそれは医師の捏造だ』とあなたは主張するんですか?」
湊被告 「医師というより、警察!」

こういった、支離滅裂なやり取りがこの後も続く。

・こうした議論を裁判官が打ち切り、今回は閉廷となった。「Aさんの首は刺していない」「警察の捏造である」と主張し始めた湊被告の公判はしばらく続く見通しだ。

3/6(水) 7:11
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-00010002-friday-soci

女子高生コンクリート詰め殺人事件


女子高生コンクリート詰め殺人事件は、1988年11月から1989年1月の間に発生した猥褻略取誘拐・監禁・強姦・暴行・殺人・死体遺棄事件の通称である。
女子高生コンクリート詰め殺人事件 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・少年法なんか要らない!

・こんな酷い事して、4年って。自分の娘がされてたら気が狂うわ。

・外の国から見ていると、日本は「殺人事件」に関して本当に緩いと感じます。

・日本の判決も、「目には目を」が必要だと思う。

・「女子高生コンクリート殺人事件」この文字を目にする度に女子高生の遺族は 再び あの時の様に心を傷付けられるかと思うと居た堪れないです。

・この国は亡くなった被害者の人権より生きてる加害者、犯罪者の人権や未来を優先する。

・少年法の改正をするべきだな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認