東京五輪 選手村ベッドは段ボール製 寝心地は?

▼記事によると…

・来年の東京オリンピック・パラリンピックの選手村で、選手たちが使うベッドは、再利用や軽量化に配慮して段ボールで作られることになり、報道陣にお披露目されました。

大会組織委員会は、24日、大会スポンサーの寝具メーカー「エアウィーヴ」とともに、選手村で使用するベッドを発表しました。

特徴は、大会史上初めてベッドが段ボールで作られていることで、一般的なベッドより軽いため2人部屋の選手村で自分たちでベッドの位置を変えやすくなっています。
寝る人の体重は200キロまで耐えることができ、気になる寝心地は、ポリエチレン製のマットレスが使う選手の体形に合わせて硬さを調節できる構造になっていて、快適に眠ることができるということです。

ベッドは選手村にオリンピックではおよそ1万8000台、パラリンピックではおよそ8000台が用意され、大会後は段ボールは古紙として回収されて紙製品に、マットレスはプラスチック製品に再利用される計画です。

2019年9月24日 15時52分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190924/k10012096701000.html

2020年東京オリンピック


2020年東京オリンピックは、2020年7月24日から8月9日までの17日間、日本の東京で開催される予定のオリンピック競技大会。 一般的に東京オリンピックと呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第三十二回オリンピック競技大会の表記も見られる。東京での五輪開催は、1964年以来2回目。
2020年東京オリンピック - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

どれだけ経費を削って、どれだけ自分らの懐に入れられるかオリンピック。

メーカーには悪いけど選手にダンボールで寝させるとかないわー😩

和式の布団で良かったんじゃないのか?段ボールがもったいないだろう。

開発費に利権の予感。

疲れてベッドにダイブで「オーマイガー!」😱

なるほど、外国人選手のコンディションを乱して日本選手団を優勝に導く作戦ですね。

コメント見てたら笑ってまうわ(笑)ダンボールの上に直接寝ると思ってる奴多すぎ(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事