平和賞授賞の首相に抗議 エチオピアでデモ、67人死亡

▼記事によると…

・エチオピアの首都アディスアベバなどで、今年のノーベル平和賞に選ばれたアビー首相に抗議するデモがあり、25日までに治安部隊との衝突で67人が死亡した。治安部隊はデモを鎮圧したとしている。

・AFP通信などによると、オロモ人の一部勢力が、アビー氏が進める民族融和策などに抗議し、「アビー氏は独裁的だ」と訴えて、23日から街頭でデモを実施。治安部隊との衝突で発砲を受けたり、催涙ガスを撃ち込まれたりし、デモ隊と治安部隊の双方に計67人の死者が出たという。

・アビー氏は昨年4月に首相に就任。民族対立を抑えるため、拘束されていたオロモ人の政治犯を解放するなどしてきた。ただ、オロモ人の中で多数派としての権限拡大を訴える勢力が、こうした融和策への不信を募らせていた。

2019年10月26日07時03分
https://www.asahi.com/articles/ASMBV21TJMBVUHBI00N.html

アビィ・アハメド


アビィ・アハメド・アリはエチオピアの政治家、軍人。2018年4月2日よりエチオピアの首相を務める。2019年に、その首相就任後に行った国民のための政治、特に長年終結しなかったエリトリアとの和平を実現したことが評価され、ノーベル平和賞を受賞した。
生年月日:1976年8月15日 (年齢 43歳)
アビィ・アハメド - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

平和は力によって維持されるのか

これが世界の独裁者。

全然 平和でない キナ臭く血生臭い

ノーベル平和賞とは

さすが、ノーベル平和賞受賞者は一味違うわ

ノーベル平和賞はもう止めたほうが良い。意味がない。

平和的解決だなぁ(空目)

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認