N国・立花代表が高須院長と舌戦 マツコ以外を相手にしないのは「数字がないから」
<スポニチ> 2019年8月24日 15:31
全文はこちら

▼ 記事によると…

・高須クリニックの高須克弥院長(74)と、NHKから国民を守る党(N国)代表の立花孝志参院議員(52)が24日午後、ニコニコ生放送で討論した。

・N国に投票した有権者に対して、「5時に夢中!」で「ふざけて入れた人も相当いると思う」と述べたマツコに対しても、「合理的な理由がないのに、一個人の意見を公共の電波を使って言っている」と重ねて抗議。「今回は有権者がバカにされている。公共の電波を使って。政治家としてバカにされた有権者の先頭に立っている」と立場を主張した。

高須院長は、元衆院議員の東国原英夫や「爆笑問題」の太田光もマツコと同じような意見をメディアを通じて発信したと指摘。マツコだけをターゲットにする立花氏に対して、「あんまりクリーンなやり方じゃない。東国原さんや太田光さんを相手にしない」と不満をぶつけた。

東国原や太田について、立花氏は「(マツコほど)数字がないから」と出演番組の視聴率など、一般的な支持数の差を強調。「数字を持ってない人とイチイチやっている時間はない」と、マツコを相手にしている理由を説明した。

▼関連ツイート

▼高須院長のツイート

高須克弥 プロフィール


高須克弥は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。
生年月日:1945年1月22日 (年齢 74歳)
高須克弥 - Wikipedia

立花孝志 プロフィール


立花 孝志は、日本の政治家、YouTuberである。NHKから国民を守る党代表。参議院議員予定者。元NHK職員、元区議、パチプロ。渡邉エージェンシー所属。
生年月日:1967年8月15日 (年齢 51歳)
立花孝志 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・政治の事はよく分からんが、これはいじめっ子の理論と一緒ではないか!?

立花氏はやはり胡散臭い人物であると再認識しました。勝負なんてどうでもいいです。

そもそもマツコ・デラックス氏が立花さんだけならまだしもN国に投票した有権者を馬鹿にしたのが悪いと思います。

立花を7割も支持するネットユーザーが気持ち悪い。弱い者叩きに快感を感じてるみたい。

数字を持っているからって考えが政治家としても人としても好きじゃない。。

勝敗云々より会って討論できたことに嬉しく思います

結局感情で動く人なんだなぁって印象

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認