秋葉原の女性寿司職人が、絶対に白衣を着ない理由

▼記事によると…

・寿司は、昔からある大きな日本文化の一つといえる。でも、寿司を作る職人の世界は男性が占めているもので、女性寿司職人を見ることはなかなかない。

・そんな中、 パイオニアとして突き進んでいる女性寿司職人が東京・秋葉原にある「なでしこ寿司」で店長をつとめている千津井由貴さんだ。

・千津井さん
「物事を自分の力で変えていく力を日本の女性に持ってほしいと思いますね。ちょっと前は『キャリアウーマン』という言葉が流行り、バリバリ仕事をこなす女性という意味なのですが、それは男性に負けない力のことを言っているのではないかなと。」

・千津井さんが普段身につけているのは、伝統的な「白衣」ではなく、カラフルな和装。

・他の店にいるわずかな女性寿司職人は白衣を着て、ノーメイクが基本で、頭を坊主にする人もいるという。つまり、男性と同じだ。その女性の寿司職人は、千津井さんの身なりを見た時、「うちは本格派ですから」と言い放った。

・「正直に言うと、握りは私のほうが勝っていると自信を持って言えます。でも、そう言われた時はすごくショックを受けてしまいました。女性が女性をそういう風に思うのは、やっぱり固定概念があるからじゃないですか」

2018/03/08 18:01
https://www.buzzfeed.com/jp/kylaryan/nadeshiko-sushi

なでしこ寿司


レトロなインテリアを備える和モダンの上品な店内で、女性の板前が握る各種の寿司を提供する。セットメニューや寿司懐石もある。
所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目12−15 チチブ電機ビル 2F
営業終了:22:00
電話:03-3254-6661
▼ホームページ
http://www.nadeshico-sushi.com/

twitterの反応

▼ネット上のコメント

「握りは私のほうが勝ってると自信を持って言えます。」衛生面では断トツで◯んでますが?

ええ…別に職人を見に来てる訳ではないので、普通に白衣着て握ってくれれば自分はいいかな。

男女どうこうじゃなくて、まず食品衛生に関わる人間の身なりとしてどうなのかを猛省してほしい。

なんでこの手の人間は叩かれてる理由を無視してジェンダー意識とか言っちゃうんだろう

お前と同じ事してたら男だろうがアウトだよ

少なくとも絆創膏を巻いたまま、客に商売として寿司を握っていいという常識は変えない方がいいと思いますよ。

またまたご冗談を

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事