韓国、GSOMIA再検討に含み 「まだ時間ある」と報道官

▼記事によると…

・韓国大統領府の高ミン廷報道官が11日、テレビ番組に出演し、失効が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)について「わずかだが時間はまだ残っている」と述べ、日本の対応次第で破棄決定を再検討する姿勢を重ねて表明した。

・「われわれとしては非常に難しい決定を下した」

・決定を覆すには「日本の輸出規制問題の解決に関する部分で明確な変化があってこそ、次のこと(破棄決定の再検討)も可能になる」

11/11(月) 15:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000088-kyodonews-int

大韓民国


韓国は朝鮮半島の南半分に位置する東アジアの国で、非常に厳しい軍事境界線が北朝鮮との間にあります。韓国はまた、桜の木や数百年前に建てられた仏教寺院が点在する緑に覆われた丘陵地帯や、海辺の漁村、亜熱帯の島、首都ソウルのようなハイテク都市でも知られています。
大韓民国 - Wikipedia

twitterの反応

GSOMIA

▼ネット上のコメント

GSOMIAと日本の輸出管理強化は全く別の問題だといつになったら分かるのか?問題のすり替えはもう通じないと悟るべき。これをきっかけに日米でさらに締め上げるよう頼みたい。

軍事情報協定破棄で何も問題ないので好きにすればいいと思うが。日本にとっては渡りに船だと思う。南北へ日本の軍事情報が漏洩しなくなる事は大変よい事だと思う。

韓国的に時間があるかもしれないが、日本的にはタイムオーバーして久しい話題。楽しく安保が綺麗に消滅する時を待っている。破棄を決めたのは韓国であって日本じゃない

通用しないとなぜ分からないのだろう・・・?

日本が折れるという名目がほしいのだろうが無理。根本的な問題の種類が違う。日本国民もそう理解しているので、政府が折れるという選択は絶対にしない。

まさか今さら破棄を撤回する事はないでしょうね?信用問題ですよ。一度決めた事は必ず実行しましょうね!まずは二枚舌の是正からです。

ボールはそちらにあり、そのボールが日に日に重くなって蹴りづらくなっています。日本にとって関係のない話ですが。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認