5歳の男児 緊急走行のパトカーにはねられ意識不明 東京
<NHK> 2019年8月18日 13時16分
全文はこちら

▼ 記事によると…

・18日午前10時40分ごろ、東京 千代田区麹町で、5歳の男の子が青信号で横断歩道を歩いていたところ、緊急走行をしていたパトカーにはねられた。

・この事故で、男の子は病院に運ばれたが、意識不明の重体。

・当時、パトカーは薬物事件の捜査で容疑者の尿を緊急で鑑定するために新宿警察署から警視庁本部に向かっていて、サイレンを鳴らし赤色灯をつけていた。

パトロールカー


パトロールカーは、警察官が乗車し巡回を行う自動車。
パトロールカー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 今はどっちが悪いかより、子供が助かって欲しい
  • ここで責任を追求すべきは警察ではなく保護者
  • 小便運ぶのが、緊急事態なのかw緊急走行でも、法定速度60キロ以下、赤信号侵入は徐行じゃなかったか。テロリスト追跡しているわけじゃないし、どうかしている。
  • コメント欄で子供が悪いってコメント多すぎる。横断歩道が青だったってことは、緊急車両でも赤信号の徐行義務がある。徐行とは概ね10キロ以下。警察官が悪いと思います。
  • 青信号の横断歩道を渡ってたのに…
  • パトカーは緊急走行の場合人を轢いて良いなんて無いからネ。赤信号進入の際は細心の注意が必要です。警視庁は『捜査上問題は無かった』など答えないようにお願いします。
  • 警察は赤灯火つけて、サイレン鳴らしてたから問題ないでしょう。むしろ、子供を監督する保護者に責任あるだろ。どうせ、保護者がスマホいじって目話したんだろ。
  • 親は何してたんですかねぇ?

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事