北朝鮮の飛翔体発射について、岩屋防衛相「非常に遺憾だ」

岩屋防衛相「発射は遺憾」 北朝鮮飛翔体

▼記事によると…

・岩屋毅防衛相は25日午前、北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体について「もし弾道ミサイルであれば国連安全保障理事会決議に違反している。こうした発射事案は非常に遺憾だ」と述べた。

・飛翔体の種類や数、飛距離、発射の意図については「分析中」とした。その上で「米国や韓国と緊密に連携しながら情報収集と分析に努め、警戒監視に万全を期す」と強調。

・米朝、日朝関係への影響については「好ましくない事態であることは間違いない」と述べた。

2019.7.25 09:06
https://www.sankei.com/politics/news/190725/plt1907250010-n1.html

岩屋毅 プロフィール


岩屋毅は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務副大臣、防衛庁長官政務官、大分県議会議員等を務めた。
生年月日: 1957年8月24日 (年齢 61歳)
岩屋毅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

遺憾砲は飽きたから行動で示せ。

私はこの方に遺憾

出た!伝家の宝刀「遺憾砲」!その威力は決して錆び付いていない。与える被害ゼロだけど。

タイトルはコレでしょ。岩屋防衛相「遺憾砲発射」

遺憾だけで何にもしないなら防衛相である必要無いよね?次回の内閣改造では役職から外される事を切に願う。こういう大臣の下では自衛官が可哀想なんだよ。

岩屋が何か言う度に、政府の支持率が下がる。

遺憾砲でミサイル落とせたら誰も苦労しない

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認