ダウン症の子供を産んだ母親、賠償金2700万円を求めて国を提訴へ…「もし知ってたら産まなかった」

「もし知ってたら産まなかった」 ダウン症の子供を産んだ母親、賠償金2700万円を求めて国を提訴へ

▼記事によると…

・母親エディータ・モーデルさん(33)は、ダウン症の子供を生んでしまったとしてイギリスの国民保険サービス『NHS』を提訴。20万ポンド(約2,700万円)以上の賠償金を要求しています。

・イギリスの国営医療サービス『NHS』は、妊娠中の子どもがダウン症かどうかの検査を提供しています。エディータさんも、妊娠中にこの検査を申請していたと主張。しかし手違いがあったのか「彼女は検査を拒否した」と病院のデータには記録されており、検査は行われませんでした。

その後、エディータさんは息子のアレクサンダー君を無事出産。しかし男の子はダウン症を患っていたのです。

・エディータさんは「もし事前にお腹の子がダウン症だと分かっていたら、中絶を選択していた」とコメント。

健常な子どもを出産していた場合よりも養育費がかかることや、自身の仕事にも影響が出ることを理由に、『NHS』に対して20万ポンド(約2,700万円)以上の賠償金を請求しています。

2019年07月11日
http://yurukuyaru.com/archives/80373934.html

ダウン症候群


ダウン症候群(ダウンしょうこうぐん、英: Down syndrome)は、体細胞の21番染色体が通常より1本多く存在し、計3本(トリソミー症)になることで発症する先天性疾患群である。多くは第1減数分裂時の不分離によって生じる他、減数第二分裂に起こる。新生児に最も多い遺伝子疾患である。
ダウン症候群 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

自分の息子だろ?どんな子どもだったとしても愛してやれ

↑障害を持った子どもを持ったことがなくて羨ましいね。言うだけなら簡単だよ

生まれてきた子がただただ可哀想だ・・・

生まれた子どもが大きくなったときに、この記事を見つけてしまわないことを祈るよ

『ダウン症』だとしても、ほとんどの子は読み書きも出来るし、健常者と同様に働ける。世間がこの病気に対してもっと理解を深めないといけないね

こういうア○が後を絶たないせいで『NHS』はいつも資金不足だ

子供を愛情を持って育てるのは普通で、価値観が潜在的な差別だと思うけど、仕方ないな…

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認