安倍氏、韓国首相と「21分間」の面会=フォトタイムでは笑みも、直後には険しい表情に?

▼記事によると…

・日本を訪問中の李洛淵(イ・ナクヨン)国務総理(首相)が24日、安倍首相と面会。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を伝達した。

・安倍首相と李首相は、入口付近に設置された両国国旗の前で握手を交わし、フォトタイムを進行。写真撮影では手を取り合いながら笑みをみせたが、撮影が終了すると両者共にやや険しい表情で室内へと入っていった。

・面会は午前11時12分に開始され11時33分まで、21分間おこなわれた。

10/24(木) 12:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000030-wow-int

李洛淵 プロフィール


李 洛淵は、韓国の政治家。現在、同国国務総理。元国会議員、前全羅南道知事。共に民主党に所属。
生年月日:1951年12月20日 (年齢 67歳)
李洛淵 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

長すぎる

また無駄な時間を。10秒で十分じゃね?

今のこの状態や段階で日韓関係を良くしようとだけの内容の親書では話にならず日本側は今まで通りの主張で譲歩する事はなく譲歩するなら韓国側が譲歩するべきだとの見解ですってニュース報道でやってました。

次からはタイムアタックだな。

あくまでも『面会』であって、『会談』ではないということですかね

それでも通貨スワップはしてあげない( ̄ー ̄)

サービス過剰ですね!

PC記事したレクタングル

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認