室井佑月「国民の命守る気ある?」

▼記事によると…

・「老後2千万」問題に端を発し、作家・室井佑月氏は、今後年金制度がどのように維持されるのか知りたいという。

・国民年金の給付額は厚生年金の平均額の半額以下(2019年度は満額で1カ月6万5008円)。だとすれば、国民年金に加入している人々は、老後資金、5千万円以上かかるのか? 年金未加入の人は1億円くらい? ま、今回は金融庁が安倍政権の、またまたトカゲのしっぽになったって形か。報告書を金融庁が勝手に作ったわけじゃあるまいし、嘘の報告書を出してきたわけでもないのにさ。

・あたしたち国民に大事なのは、年金についてどう伝わるかより、これから先、年金制度をどう維持していくかだ。それには真実を知りたい。5年に一度の年金の『財政検証』。5年前は6月初めの公表だったのに、まだ公表されていない(10年前の公表は2月)。なんか嫌な予感がする。選挙前だかなんだか知らんが、早くほんとの数字を出して説明してくれよと思う。

・政治は国民を守るためにあると思ってたが、安倍自民に国民の命を守る気はあるんだろうか?

2019.6.27 07:00
https://dot.asahi.com/wa/2019062600011.html

室井佑月 プロフィール


室井佑月は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県出身。血液型はB型。身長162cm。オーケープロダクション→オールラウンド所属。
生年月日: 1970年2月27日 (年齢 49歳)
室井佑月 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

逃げている印象!与党には不利に働くのでは?

国民の命を見捨てた事はあっても、守った事なんか一度もねーぞ。

貴女は「人の話し聞く気ある?」

政治屋の政治生命と財産を守るために政治はある

年金制度の勉強して下さい。

それぞれの納付額と支給額を並べてみるといい。

そりゃ保険料が違いますから、そして生活水準は人それぞれ

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事