学校給食で宗教上の配慮検討 静岡市、来年度中にも提供

▼記事によると…

・静岡市は学校給食で豚肉などの食材が宗教上の理由で食べられない子供への対応を検討していることがわかった。静岡市の田辺信宏市長は12日の定例会見で明らかにし、「来年度中に食べられない食材を除いた給食を提供できるよう準備をしていきたい」と述べた。

静岡市学校給食課は今年5月、市立小中学校129校を対象に調査を実施。約4万7千人中、33人が給食で宗教上の配慮が必要であることが判明した。33人中15人は給食ではなく弁当、残りの18人は食べられない食材を取り除くなどして給食を食べているという。

食べられない食材は主に豚肉や料理酒などに含まれるアルコールだったといい、同課はこれらの食材を禁止しているイスラム教の子供とみて、対応を検討している。

2019.12.12 15:57
https://www.sankei.com/politics/news/191212/plt1912120022-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

給食


給食とは、特定多数人に対して専門の施設を用いて組織的・継続的に食事を提供するもの。また、喫食者側からは「給食」とはその継続的に提供される食事のことを指すことになる。
給食 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

弁当持って来いに一票

多文化強制に見えるのは私だけかな

こうやってコストはねあがった分の皺寄せはどこで誰が払うの?アレルギーとかの疾患ならまだ判るけど、宗教上の理由とか明らかに個人的な事情に公的な機関が過剰に配慮するのは明らかにおかしい。

宗教の自由を保障してるのであれば生徒に選択させるのが普通。

尊重と優先は別って意見を前にどこかで見た。まさにこれだと思う。尊重はしても、何でもかんでも合わせる事は違う。

お弁当にすれば済む話でしょ?今でもアレルギーの子達はお弁当で対処してるって聞くし。

それするなら給食のおばちゃんの給料上げてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事