【社説】映画を見ながら組み立て作業、国民はこんな車に乗らなければならないのか

▼記事によると…

・現代自動車の生産ラインで作業員たちがスマートフォンを使って野球やサッカーなどのスポーツ、さらには映画などを見ながら組み立て作業を行っていたため、会社側が安全確保を理由に作業時間中のWi-Fiを遮断することにした。しかし労働組合の激しい反発を受け措置を撤回した。組合は「弾圧」などと主張して非難声明を出した上に、土曜日の特別勤務を拒否したため会社側が譲歩。

・多くの国民はそれでも国産車であることを理由に現代自動車を利用する。しかし国民はスマートフォンで動画を見ながら組み立てられた車に乗りたいとは考えないだろう。現代自動車労働組合の態度を見ると、この企業が没落する日もそう遠くはないように感じる。

2019/12/12 12:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/12/2019121280035.html

現代自動車


現代自動車は、韓国で最大手の自動車メーカー。傘下に起亜自動車があり、現代自動車グループを構成している。 世界販売台数はヒュンダイ単独では2017年の時点で年間450万台で、ホンダと同規模を誇る。またグループでの販売台数は817万台で、GMグループを抜いて世界第5位である。
現代自動車 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

真面目に仕事できないの・・?

うわぁ(・Α・)今どきこんなとこあるんだ

ある意味で現代自動車はそれだけの給料を社員に払えるのは偉い。

片手間で作られた車を誰が買う?会社はこれを契機にリストラすればよかったのに

私の中の「弾圧」の定義が揺らぐ一件です。弾圧とは一体なんなんだ…。

これはさすがに会社側が正しいわ。

車の信用性がないのもうなずけるよね。

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事