但馬問屋さんのツイート

後藤謙次氏
かつて金大中氏も、世界の宝ともいえる憲法9条を、なぜ日本は変えようとしているのかよくわからないと。9条は第二次大戦後の世界公約。象徴天皇制を残す代わりに、再軍備はしませんよ、と。憲法1条と9条はワンセット。ただ単に国内の合意がよければいいという問題ではない

後藤謙次 プロフィール


後藤 謙次は、日本のジャーナリスト、アンカーマン。元共同通信社記者、編集局長。東京都出身。「政治コラムニスト」「政治ジャーナリスト」の肩書きでも活動している。白鴎大学特任教授。
生年月日:1949年10月5日 (年齢 69歳)
後藤謙次 - Wikipedia

金大中 プロフィール


金 大中は、韓国の政治家、市民活動家。第15代大統領。本貫は金海金氏。号は後廣。日本名は豊田 大中。ニックネームは「忍冬草」。略称は「DJ」。カトリック教徒で、洗礼名はトマス・モア。慶熙大学大学院修了。立命館大学第37号名誉博士。
生年月日:1924年1月6日
金大中 - Wikipedia

動画を見る

▼関連ツイート

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いい話ではあるけれど、軍を持っている国に言われてもねぇ…

でもマレーシアには軍隊ありますし、日本の憲法九条のような憲法はないはずでは。一個人としては賞賛するしそれが全世界に広まれば一番良いけど、国のトップとしてその理想だけで動くわけにいかないってことなのではないのでしょうか。北朝鮮のような国が存在するのが、残念ながら現実なわけですし。

マレーシアのマハティール首相ではなく日本の政治家からこういう主張が聞きたい。

俺たちは戦っていると思いたくて自己弁護のために番組を作っていると、厳しい評価をせざるを得ません報道ステーションには。

憲法九条は、日本の誇るべき憲法だけれど、同時に世界の条文でもある。

世界の宝とは言い得て妙ですが、ただの理想の押し付けでは?あくまで理想であって現実的ではないからこそほとんどの国に憲法9条のような条文がない日本は、戦後隣国と対立しなかったから問題が表面化してこなかっただけ。自衛隊を守るために9条は改正すべき

敵国条項発動されちゃうよ、安倍晋三😡

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認