『好きで好きで』と女に刺されたホストが事件の真相告白…「彼女の“頑張り”に、僕が報いていなかった」「刺されたのが俺でよかった」

「好きで好きで」と女に刺されたホストが告白 あの日何が?

▼記事によると…

・〈残念だけどるな生きて帰ってきたわ。明日も出勤してるから初回指名まってるね〉──水商売歴1年足らずのホスト男性が7月1日、こんなツイートをしたところ、賛否を巻き起こしている。

・20歳の男性の腹部を刃物で刺し重症を負わせたとして、元ガールズバー店長・高岡由佳容疑者(21)が殺人未遂容疑で逮捕された。

・あの日本当は何があったのか。冒頭の被害者本人である琉月(るな)さんが勤務するホストクラブ『Fusion-by youth-』へと向かった。

・「とにかく良い子だった、という印象しかないんです。ぼくはあまりお酒が飲めないんですが、高岡さんもそれを分かっていて“私の卓では飲まなくていいよ”と気をつかい、営業成績が伸び悩んでいると、接客のアドバイスをしてくれました。そんな風にお金を使ってくれる彼女の要望にできる限り答えたい、と思っていたところ、“部屋に大きい荷物が届くからお昼頃から片付けを手伝ってほしい”と言われていたんです。それが5月23日でした」

「彼女の部屋に着いたのが午後3時でした。片付けは手伝えたのですが、朝早くから仕事していて、かなり疲れていたのでお風呂を借りて仮眠をとらせてもらいました。

・お腹に違和感があり起きると、包丁が刺さっていて血だらけになっていました。不思議なことに痛みはなかったのですが、驚いたのと恐怖を感じたのとで、ベッドにいた彼女を突き飛ばして逃げ出しました。部屋の中を彼女が追いかけてくるんです。“殺される”と思って無我夢中で逃げました。玄関まで逃げて、ひきとめられたんですが、そこも振り切って、エレベーターに乗って……エントランスについたところで意識を失いました。あとのことは覚えていません」

・報道によれば高岡容疑者は「刺したあと彼に“好きだ”と言われ、うれしかった」と供述しているという。

「確かに逃げている時に“私のこと好き?”と聞かれて、咄嗟に“好きだ”と言いました。でもそれには理由があります。これ以上刺されたら死んでしまうと思ったし、救急車を呼んでほしい一心で、そう言ったんです。彼女が僕に好意を持っているというのは分かっていました。そう言ったらやめてくれると思ったんです」

・「あの子のなかにも僕を刺す理由があったと思う。ホストをはじめて1年足らずの僕が営業成績を出せたのはやはり彼女のおかげでもあった。そういった彼女の“頑張り”に、僕が報いていなかったのかもしれません……」

・「刺されたのが、他の人じゃなくて、俺でよかった。今後は誰に対しても同じことはしてほしくない」と思っているという。

2019.07.09 16:00
https://www.news-postseven.com/archives/20190709_1408290.html

ホストクラブ


ホストクラブは、男性従業員が女性客の隣に座って接待をする日本の飲酒店。 料金はフリータイム制でキャバクラのような時間制限はない。多くのホストクラブは永久指名制を採用しているが、中には指名変更可能な店もある。 初回の来店客には、年齢確認のため入り口で身分証の提示が求められる。レディースクラブと称している店もある。
ホストクラブ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

無事で良かったな…

最終的にウソやんって位に良い話で締めくくられている…事実は小説よりも奇なり

「目が覚めたらお腹に包丁が刺さってた」てのはシャレにならんな

結構苦労してる人生なんだな、これからも刺されない程度に強く生きてほしい

嘘でも刺されてこれ言えるなら大したもんや

とりあえず口が上手いのはわかった

色々と壮絶すぎる。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認