香港政府「逃亡犯条例」の審議延長表明 15日にも発表

香港政府、逃亡犯条例の審議先送りか…現地報道

▼記事によると…

・香港の主要メディアは15日午前、香港政府が、中国への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案の立法会(議会)での審議を先送りする方針だと一斉に報じた。香港政府トップの林鄭(りんてい)月娥(げつが)行政長官が15日午後に記者会見で明らかにする見通しという。

・関係者は星島日報に対し、「撤回ではない」と強調し、時間をかけて民意を把握し、事態が沈静化した時点で審議を再開する方針だと述べた。一方、親中派の議員の一人は香港メディア「NOW新聞」に対し、「永遠に先送りすると理解している」と述べ、事実上の撤回との見方を示した。

6/15(土) 13:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00050155-yom-int

香港特別行政区政府


中華人民共和国香港特別行政区政府は、中華人民共和国の香港特別行政区における行政府である。香港基本法に基づく一国二制度が実施されている同行政区は、高度な自治権を有しており、省や直轄市などの地方政府と比べるとより強い権限を持っている一方、完全な内政権までは有していない。
香港特別行政区政府 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

先送り、、🤔スキを突いてくる可能性。

中国から早く独立してほしい。今の香港は中国共産党に支配されていい国ではない。

あくまで「先送り」。断念したわけではないので、これからも注視していく必要がある。

今回は先送りだし次は最初から中国人民軍を配置するだろうし油断できない

香港の皆さんの勝利。おめでとう❗

嘘か真か。

何度か先送りにしてデモが落ち着いた頃にまたやりそう

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認