ディープインパクト死す けい椎骨折で安楽死

▼記事によると…

・競馬で、2005年にクラシックレース3冠を達成するなど活躍したディープインパクトが死にました。

・現役引退後、種ぼ馬となり、管理していた北海道の牧場、社台スタリオンステーションによりますと、かねてから治療していたけい部の手術を受けましたが、きのう、突然起き上がることができなくなり、レントゲン検査の結果、けい椎に骨折が見つかって回復の見込みがないことから安楽死の処置がとられた

2019年7月30日 13時28分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190730/k10012014001000.html

ディープインパクト


ディープインパクトは、日本のサラブレッドである。2005年に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠を達成、2006年には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となった。種牡馬としては2012年から2018年の日本のリーディングサイアーである。
生年月日:2002年3月25日
ディープインパクト - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

競馬やらん僕でも知ってた…さらば名馬…

私の中では平成最強の名馬でした。早いお別れさみしいですが最高の思い出をありがとう。子供達も頑張ってほしい。

なんだと!!(´;ω;`)急じゃないか(´;ω;`)

マジか💦平成の帝王が💦

ディープインパクトうそやろ…泣

頚椎の骨折…最後痛かったろうね、辛かったね。お疲れ様。今は痛みから解放されて軽やかに駆けていることだろう

優秀な種馬でも骨折して回復の見込みが無いと安楽死になるとはなんと悲しい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事