玉木雄一郎氏「全国を回ると今だに言われるのが、民主党政権時代への批判と失望だ。 本当に申し訳なく思う…反省なくして進歩はない。深く胸に刻みます」

玉木雄一郎氏のツイート

全国を回ると今だに言われるのが、民主党政権時代への批判と失望だ。
本当に申し訳なく思う。

2009年、あれほどの期待を受け政権交代を実現したのに、わずか3年足らずで終わったことについて、国民の皆様に、改めてお詫びを申し上げなくてはならない。

反省なくして進歩はない。
深く胸に刻みます。

玉木雄一郎 プロフィール


玉木雄一郎は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表、希望の党代表、国民党代表、国民民主党共同代表を歴任。
生年月日: 1969年5月1日 (年齢 49歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・「反省」ではなく「反省に基づいた行動」がまず必要。その上で政権担当能力を問われたのであるから、政権批判を封印し、対案を示し続けて担当能力をアピールする以外に政権交代の方法はない。批判の10年で信頼回復するなど有り得ない。

・3年で何故、終わったか、内容への反省ではなく、3年で終わったことを反省するとか、やっばりポンコツだったようです😔

・厳しいことを言いますと、民主党政権というのが安倍政権であれだけ疑惑や不正のようなことが起きてるにもかかわらず倒れない一つの大きな要因を担っていると思います。安倍政権も信用出来ないが民主党政権よりはマシと考え支持してる層も多くいるかと思われます。

・日本国民として、1つ質問させて下さい。何故、解党までしろと罵った菅氏が居て、反省をする気も全くない議員が多数を占める立憲民主党と選挙協力するのですか?

・少なくとも立憲民主党と一緒になろうとしたらただの政権批判政党になるだけなら野党共闘から離れるべきやと思う!玉木さんには自由党との合併も止めてもらいたい!大きな固まりが必要かもしれないけど…小さくても少しずつ勢力を伸ばしていく事が大事やと思う!だから頑張ってください!

・反省はよくしてますよ!皆さん方!でもね、残念ながら改善の兆しが見えないのです。政策提示してても、実行力と具体性に欠ける。これは本当に変わってない。

・3年で終わったことに怒ってませんよ。できもしないことを、できると言って、国民を欺いたことをおこっているのです

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認