【骨太原案】就職氷河期世代、今後3年間で正規雇用者を30万人増へ

就職氷河期世代、3年で正規雇用30万人増へ 骨太原案

▼記事によると…

・政府は11日の経済財政諮問会議(議長=安倍晋三首相)で、今年の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の原案を公表した。30代半ばから40代半ばとされる就職氷河期世代について、今後3年間で正規雇用者を30万人増やす数値目標を含めた支援プログラムを設けることが目玉だ。骨太の方針は、今月下旬にも閣議決定する。

6/11(火) 20:01
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6326425

就職氷河期


就職氷河期は、社会的に就職難となった時期の通称。 就職氷河期に該当する世代は、様々あるが、一般的には、1990年代半ばから00年代前半に社会に出たり、2000年前後に大学を卒業した、2019年現在40歳前後の世代のことだとされる。
就職氷河期 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

そもそも新卒一括採用自体日本くらいしかない上、生まれた時代によって損得決まるというのに

その前にまず派遣会社を全部潰せ。中抜きを根絶させてからじゃないと正しく氷河期世代を救えないだろうが。

低賃金で?正社員って名目の奴隷だよね?

まあ何かしようとするのは正しいけど、がん患者に解熱剤を処方してるようなもんで、根本的には解決しない。

経団連の馬○共が知らん顔してた結果だろ。生まれた世代で損得ある時点で異常だと気づけない政府の無能、経済界の役立たずが雇用を腐らせた責任をどう償ってくれるんだ?

俺らもう40過ぎだぜ。今さら何の仕事ができると思ってるんだよ

正社員雇用なら何でもいい的な雰囲気。人手不足産業は低賃金、長時間労働のブラック企業が多い。正社員でも時給や退職金なしも結構あるし。呆れて言葉もない。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認