れいわ新選組・山本代表「サポートしなければならないのは国会」

れ新 山本代表「サポートしなければならないのは国会」

▼記事によると…

・れいわ新選組の山本代表は、民放の開票速報番組で、2人の当選後の対応について、

「私ができることはやる。舩後さんや木村さんの重度障害や難病のカバーには専門の方をつけてもらう。ただ、一番彼らをしっかりとサポートしなければならないのは国会だ。健常者のリズムだけで進められることはこれからなくなるので、国権の最高機関が本当の合理的配慮をしっかり形にしていくことが求められる」

と述べました。

2019年7月22日 2時58分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190722/k10012002581000.html

山本太郎 プロフィール


山本 太郎は、日本の政治家、元タレント、元俳優。院内会派「国民民主党・新緑風会」所属の参議院議員、政治団体「れいわ新選組」代表。自由党共同代表兼政策審議会長を務めた。兵庫県宝塚市出身。現在は大阪府在住。
生年月日:1974年11月24日 (年齢 44歳)
山本太郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

木村英子さん、お見事!山本太郎さん、あっぱれ!

うわぁ…。

どこから金出すの?

国会に出席するためのバリアフリー費用で数千万の税金が投入されても応援しますか?

普通の車椅子は、下段なら大丈夫だったような。ただ、特殊なタイプは奥行がいるから、ひとまずは、下段の端とかになるのかな?それを見て、隅に追いやられたとは 言わないでね。

おめでとうございます。国会も改革が進むと良いです。議員は新人は前に座るのも改革せねば、議事堂内の小さな事から気づいて改革をお願いします。ご健闘ををお祈りいたします

とりあえず、国会内のバリアフリー化だな。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認