中国空母「遼寧」など6隻 沖縄、宮古島間を通過 防衛省発表

▼記事によると…

・防衛省統合幕僚監部は11日、中国海軍クズネツォフ級空母「遼寧」1隻を含む艦艇6隻が沖縄本島と宮古島の間を通過するのを確認したと発表した。

この海域を遼寧が航行したのは平成28年12月、30年4月に続き3回目。危険な行為や領海侵入はなかったが、同省は特異な動きとみて、意図の分析や情報収集に当たっている。

2019.6.11 23:02
https://www.sankei.com/politics/news/190611/plt1906110050-n1.html

遼寧


遼寧は、中華人民共和国がソビエト連邦で設計されたアドミラル・クズネツォフ級航空母艦「ヴァリャーグ」の未完成の艦体をスクラップ扱いとしてウクライナから購入し、中国にて航空母艦として完成させたものである。艦番号は16。最初はヴァリャーグの漢語訳の「瓦良格」と紹介している。
搭載機: 戦闘機24機
遼寧 (空母) - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

で?遺憾砲っすか?

"空母いぶき"が現実になるぞ

県知事は遺憾の意すら示さないで、ロックフェス満喫?

意図?挑発して舐められてるってことだよ

問題点は防衛省が緊急対応する時点で無害通航権が行使されていないという事になり、この場合は実質領海侵犯と同じ行為ではないのかという点である。

領海に入ったなら、撃墜しても問題ないでしょ。

民主の外交もあれだが、自民もなにもしないな

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事