ひきこもり経験者の声「ひきこもりだからって犯罪を起こすわけではない」

いま“ひきこもり”が問いかけること

▼記事によると…

ひきこもりの当事者や経験者の声です。
・川崎の殺傷事件に、東京・練馬の農林水産省の元事務次官が長男を刺した事件…。「ひきこもり」がキーワードになる事件が相次ぎ、ネットやマスコミには「ひきこもり」に関わる言説があふれています。

・30代後半の男性Aさんは、中学の頃のいじめがきっかけで10年以上ひきこもりました。

事件について聞くと、「ツイッターの反応を見ていたら『中高年のひきこもり、およそ60万人は悪魔の予備軍』という反応が目に留まって。ひきこもりという存在が、部屋に閉じこもったままの、まるでモンスターのように思われているという…。これが一部の人たちだけでなくて、一般の多くの人がそう思っているかもしれないと思うと、絶望しました」

・引きこもり経験がある石崎森人さん(35)は、悔やんでいることがあると言います。

「川崎の事件から、また事件が連鎖のように起きてしまっています。父親と息子がお互いに偏見を持っている不幸な状況だったのかもしれません。『ひきこもりだから事件を起こすかも』という不信の目で見られたら怒りも感じるし、傷つきます。『ひきこもりだからといって犯罪を起こすわけではないですよ』と私たち、当事者がもっと発信するべきで、もしそれが容疑者の父親に届いていたら防げたんじゃないかと思うんです」

2019年6月3日 22時20分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190603/k10011939671000.html

引きこもり


引きこもりとは、仕事や学校に行けず家に籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。また内閣府は引きこもりの実態を把握するために、15歳〜39歳までの若年層を対象に調査してきたが、引きこもりが長期化する人が増えていることから、2018年12月、40歳から64歳を対象とする初めての調査を行い、40歳から64歳で引きこもりの人は、推計で61万3,000人に上り、15歳から39歳を対象にした調査で推計した54万1,000人より多くなっている。
引きこもり - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

...生きるのタダじゃないよな

私はひとさまの助けが無きゃ生きていけない連中を過剰に擁護することは反対です

「ひきこもり」がこれだけ増えてしまった原因は「不登校」を生み出し続けている学校教育にあるのでは?

親にそう思われていることが子供に伝わると、ものすごくショックを受ける気がする

ひきこもりの人は被災地のボランティアなどできないのでしょうか?就職だけが社会参加ではないと思う。

この動きが引きこもりを表に出すきっかけになれば良いのでは、とも思う。

ひきこもりに対する風評被害

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認