でんさんのツイート

今日の面接で「中学時代いじめの主犯格だったけど、その時親に叱られたことがきっかけで人の気持ちを考えられる人間になりました」って隣の男の子が話してたんだけど、

他人の心に残った一生の傷が、傷つけた側の人間の人生の糧エピソードとして昇華されてるなんて、超知りたくなかった

↓↓↓

面接


面接(めんせつ)とは、人物像や能力を見たり聞いたりするために、直接会って対話などをする行為をいう。
面接 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・中学にまでなってイジメの主犯しといて、ようやく叱ってもらった上にそれまで人の気持を微塵も考えなかったのか…。人生の糧でもなんでもなく恥を晒しただけにしか見えない

・いじめられたことのある身としては、そんな軽いことば、いらないですね笑。まあ、いまは受け入れたろうとおもってますが。。

・めっちゃわかります、…😭

・いじめた相手は冗談だと笑って仲良くしようぜと詭弁を垂れる。自分が悪事をしたという自覚がないか、その罪を言及される事を恐れているからだ。だがいじめられた相手は受けた傷を一生それを忘れる事などない、忘れようにもできないのだ。

・楽しかった記憶だけが残った事(上手く言い換えましたね

・自分も同じような考え方してたので、きおつけようとおもいます。。。

・面接でそれ言っちゃうんだ...。その反省の仕方は違うでしょ(笑)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事