最多情報局さんのツイート

ホームレスの飼っている犬を保護する動物の権利活動家、複雑な気持ち…

ホームレス


ホームレス(英: homelessness)は、狭義には様々理由により定まった住居を持たず、公園・路上を生活の場とする人々(路上生活者)、公共施設・河原・橋の下などを起居の場所とし日常生活を営んでいる野宿者や車上生活者のこと。広義には、一時施設居住や家賃滞納、再開発による立ち退き、ドメスティックバイオレンスのため自宅を離れなければならない人など住宅を失った人のこと。言葉としてのホームレスは 1970年代頃のイギリスで使われ始めたといわれている。
ホームレス - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

ちなみに、これが起きているのはフランスのパリ🇫🇷レアール駅近辺です。人間に対して残酷な動物愛護活動家の典型的な例ですね…😥僕がショックだったのは、活動家よりもむしろ傍観して何もしない人たち。酷い話です💢

日本の生活保護受給者はペットを飼えないからと猫を泣きながら手放したって話を思い出した。とても悲しい。

活動家は本当に偏見の塊。自分の正義を振りかざす。

虐待されて無いならそのままで良さそうだけどな。毎月ホームレスとわんこの顔合わせ出来るなら。でも気になる皆が毎日通りすがりに犬の餌持って来て確実に犬だけ太ると思う

ホームレスの収入って安定してないししっかり食べ物食べれているのかとか、病気とかは大丈夫なのかとか心配な面が色々合ってこういう行動になったと思う。。みんなめっちゃ批判してるけどやり方がおかしかっただけで犬のことちゃんと考えていたんじゃないのかな。

ホームレスは犬が病気になっても獣医師を訪れませんし、狂犬病予防接種などを受けさせる経済的余裕もないでしょう。

この後確か犬戻って来たんだよね ホントに良かった

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認