明和電機さんのツイート

ある会社から仕事の依頼が来た。

打ち合わせをし、予算も聞き、契約も結んだので作業を開始した。

人を雇い、材料も買い、外注の手配もした。

製品が半分できたころ、突然その会社から「御社の製品はうちの方針とちがうので予算は払いません」と連絡がきた。

その会社は「文化庁」という社名だった。

文化庁


文化庁は、日本の文部科学省の外局の一つで、文化の振興及び国際文化交流の振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする。
文化庁 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

いやいや全然違うでしょ

この例だと、会社に当たるのは、愛知県・実行委員会では。文化庁は協賛社的な立ち位置。で、会社が協賛金獲得のための手続きに瑕疵があったことに触れずに、《方針が違うと言われた、憲法違反だ。》って触れ回っている構図では。

そりゃ冷蔵庫作る契約で芝刈り機納品しようとしたら金なんかもらえるわけないだろ

契約書に書いてあることを遵守しなかったから仕方ないでしょ

これは実際に明和電機さんが受けた事実?それとも揶揄?紛らわしい表現はやめてほしいですね。それに、事前打ち合わせと違うものを納品したら支払いされないのは当たり前では?

うん。文化庁は何も悪くないね。

最初は文化庁が酷いと思ったが、下へ読んでいくと書面を交わしていたか、契約に遵守していたか、等々わからない所がありどちらが悪いと一概に言えないと気づいた。片方の情報だけで判断するのは危ない、とTwitter見るようになって幾つもあったのにまたやってしまった。と新たな自戒になりましたw

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認