埼玉の民家で飛翔弾発見 武器庫利用か 中核派拠点を爆取法違反で捜索

▼記事によると…

・警視庁と埼玉県警が今年1月、埼玉県加須市内の民家の倉庫で過激派「中核派」が製造したとみられる飛翔(ひしょう)弾計8発を押収していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

・民家の住人の男性は両警察に「知人の活動家から頼まれ、自宅の倉庫に保管していた。何なのかは分からなかった」という趣旨の説明

・見つかった8発の飛翔弾は段ボール内に入っており、いずれも材質は鉄で、長さ約60センチ、重さは約6キロ。火薬を入れるなどすれば現状も稼働するとみられる。

・中核派は、平成15年8月に千葉県八街(やちまた)市の民家を同県幹部の自宅と誤認して爆破した事件以降、ゲリラ活動を起こしていないが、15年以上が経過した現在も、殺傷能力がある武器を保有していることが明らかになった。

2019.10.2 08:40
https://www.sankei.com/affairs/news/191002/afr1910020004-n1.html

革命的共産主義者同盟全国委員会


革命的共産主義者同盟全国委員会は、革共同系の日本の新左翼党派の一つ。他称は、当初は本多派、前進派など。2007年の関西派との対立と離脱以降は、中央派、党中央、安田派などとも呼ばれる。 「反帝国主義・反スターリン主義プロレタリア世界革命」を掲げる。公然拠点は前進社。機関紙は「前進」、機関誌は「共産主義者」。
革命的共産主義者同盟全国委員会 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

中核派を議員にしてしまう国だからなぁ…。

日本のニュースか?と一瞬疑ってしまった。

杉並区は大丈夫か?

これは凶暴。共謀罪適用待ったなしですね。

当局は徹底的に捜査し全てを明らかに

共謀罪があった方がいいです‼️江戸川区のどこですか~実名報道を‼️

前回の即位礼の時にも全国で飛翔弾やテロ活動があり警察官も亡くなっている。直ちに全国の過激派を一斉摘発すべき。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認