文正仁特別補佐官「在韓米軍が撤退したら中国が核の傘を提供すればどうか」

▼記事によると…

・文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官=写真=は4日、国立外交院の外交安保研究所が開催した国際会議で、「もし北朝鮮の非核化が行われていない状態で在韓米軍が撤退したら、中国が韓国に『核の傘』を提供し、その状態で北朝鮮との交渉をする案はどうだろうか」と述べた。

同補佐官はこの会議で司会を務めている際、このような突発的な質問を中国側の参加者に投げかけた。大統領安保特別補佐官が在韓米軍の撤退を仮定して、中国に韓国の安保を任せればどうかと尋ねたもの。

2019/12/05 09:25
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/05/2019120580017.html

チョンインムーン


チョンインムーンは、外交と国家安全保障のために韓国のムーンジェイン大統領を務める特別顧問です。彼はまた、延世大学の教授、カリフォルニア大学サンディエゴ校、政策およびグローバル戦略学部のクラウス名誉教授、そして核不拡散および核軍縮のためのアジア太平洋リーダーシップネットワークの共同議長。
生年月日: 1951年3月25日 (年齢 68歳)
チョンインムーン - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

こりゃ益々、四面楚歌が加速しますな。

こういう事で天秤にかける素振りをするのが一番信用が出来ない奴ですね。

敵か味方かっていう根本的なところで自分たちが言ってる意味がわかってなさそう

これが現在の韓国政府の本音だと思います❗

アメリカは朝鮮戦争で3万人以上の戦死者出してますし、中国に下るとか気軽に言うべきではないですね

韓国国民が選択すべきことと思う。

安保に関わる政府高官がしていいような発言では決してない

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認