ローマ教皇 「戦争のために原子力を使うのは犯罪」

▼記事によると…

・ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は、長崎に続いて広島でスピーチを行い、「戦争のために原子力を使うことは犯罪以外の何ものでもない」と述べて核兵器の使用や保有は倫理に反すると強調しました。

そのうえで「ここで起きた出来事を忘れてはいけない」と述べ、過去の記憶を受け継いでいくことが平和を築くために欠かせないと訴えた。

・また、「紛争の正当な解決策として、核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、どうして平和を促すことができるでしょうか。真の平和とは武器を持たないこと以外にありえません」とも指摘し、核兵器による抑止力に頼る動きを強く批判した。

2019年11月24日 21時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191124/k10012189641000.html

↓↓↓

高須院長のツイート

ローマ教王倪下、演説する場所が違います。

日本を痛め付け、核兵器を保有するアメリカ、ロシア、中国、イギリス、フランスに聞かせるべきです。

国連で演説すべきだと存じます。

日本は犯罪の被害者です。

日本に対するお悔やみだけてよろしいかと存じます。


https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1198758209562955776

フランシスコ


フランシスコは、第266代ローマ教皇。就任は3月19日であり、この日にサン・ピエトロ広場において就任ミサを執り行った。
生年月日: 1936年12月17日 (年齢 82歳)
フランシスコ (ローマ教皇) - Wikipedia

高須克弥 プロフィール


高須 克弥は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。タレントとしてはオールアウトに所属。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。
生年月日: 1945年1月22日 (年齢 74歳)
高須克弥 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

アメリカ、中国、ロシアで言ってくれよ。

日本は戦争に核を使った歴史はないぞ...作ろうとはしてたらしいが

核を持ってる国に行って頂きたい。北朝鮮にでも行って下さい。戦争を起こしそうな国に行かないと意味がありません。日本で叫んでも海の向こうには届きません。

日本は被害者。アメリカで言ってください。

他のところで言ってくれってコメントが目立つけど、これは教皇が世界中の注目を浴びる中で被爆国の日本から発信することに意味があるわけで。

パワーバランスとして核のない世界は考えられないけれど、法王として理想を示すことは妥当ではないかな

核兵器を持つ全ての国に伝わるといいですね。

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認