小泉環境相、海洋プラごみ対策「人類の責任でなくす」

▼記事によると…

・小泉進次郎環境相は7日の衆院本会議で、地球規模の課題となっている海洋プラスチックごみ対策について「海洋プラスチックごみによる汚染は、人類の責任としてなくさなければならない。新たな汚染ゼロの世界を2050年までに実現すべく、わが国が率先して取り組んでいく」と決意を述べた。

2019.10.7 19:38
https://www.sankei.com/politics/news/191007/plt1910070021-n1.html

小泉進次郎 プロフィール


小泉 進次郎は日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、環境大臣兼内閣府特命担当大臣。血液型AB型。 内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官、自民党青年局長、自民党農林部会長、自民党筆頭副幹事長自民党厚生労働部会長などを歴任。 父は第87代・第88代・第89代内閣総理大臣の小泉純一郎。兄は俳優・タレントの小泉孝太郎。
生年月日: 1981年4月14日 (年齢 38歳)
小泉進次郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

そっちも大事だけども、イの一番に原発処理水だろう

分解されるやつでもない限りなくならないでしょ…

日本は日本でやれば良いが、問題は海洋ごみを出してる国へまず、言えよ。まず中国へ言うべきだろ。

抽象的な言葉に終始するのではなく、具体的かつセクシーな政策を示すべし。

だとしたら飲食店は8%にして持ち帰りを10%にした方がゴミを減らすことをできたのでは?容器は使い捨てでプラ使われてますし

意識する事は大切だから、家庭ゴミも極力プラを分類するなど努力はするよ。

だから「どうやって」実行させるのか「具体的」に言って

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認