リュ・ソクチュン教授「慰安婦は売春婦」発言で韓国でも論争 イ・ヨンフンという人物が擁護し「慰安婦は映画が作り出したデマ」

▼記事によると…

・韓国延世大学のリュ・ソクチュン教授が「慰安婦は売春婦であり日本政府に責任はない」と言う発言を受け批判が殺到している。

・韓国では今回の件が論争となっており、そんなリュ教授を擁護する者が現れた。イ・ヨンフンという人物で元ソウル大学教授を務めていた人物。

・イ・ヨンフンは慰安婦を題材にした実話を元にしたとされる映画を紹介、映画はフィクションだとしており、そもそもがデマだとしている

・イ・ヨンフンは「韓国はろくに検証もせずに教科書に掲載したり日本により慰安婦として連行されたと騒いでいる」と発言

2019/10/03 15:10:15
https://gogotsu.com/archives/54192

延世大学校


延世大学校は、ソウル市西大門区延世路50に本部を置く大韓民国の私立大学である。1957年に設置された。大学の略称は延世大、延大。
延世大学校 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

朝日新聞社...コメントしてよ!!出番やで!!

朝日新聞と福島瑞穂ですよっ!

朝日新聞って言えないのけ?

事実を口にする人間が増えてきたのか・・?

身の安全確保して・・・

勇気ありますね。尊敬します。

映画と新聞ですね

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事