「しんぶん赤旗」100万部割れ 共産、活動資金減に危機感

▼記事によると…

・共産党機関紙「しんぶん赤旗」の発行部数が今年8月に100万部を割り込み、同党が危機感を強めている。赤旗の発行収入が主要な政治活動の資金になっているからだ。巨大与党に対抗するための候補者擁立や「野党連合政権」構想に向けた野党共闘に影を落とす可能性もある。

・志位和夫委員長は今月15日の第7回中央委員会総会で「率直に言って危機的だ」と表明した。

2019/9/23 17:06 (JST)
https://this.kiji.is/548777671728628833

しんぶん赤旗


しんぶん赤旗は、日本共産党中央委員会の発行する日本語の日刊機関紙である。旧称・通称「赤旗」「アカハタ」。初代編集長は水野成夫。 日刊紙の他にも別建ての「しんぶん赤旗日曜版」や、視覚障害者向けの「点字しんぶん赤旗」と「声のしんぶん赤旗日曜版」などや、英語翻訳版「Japan Press Weekly」も存在する。
しんぶん赤旗 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

このネットの時代に紙に印刷したものを人力で届けるなんてなあ

社会的弱者とされる人たちをターゲットにして政治活動をしている以上、資金難に陥るのは当たり前だ。割れたとはいえ、いまだ100万部近く購読されていることに、逆に驚かされた。

日曜版のほとんどは、付き合い購読ではないのか。

最盛期の約355万部(1980年)の3分の1以下となる。倒産するかな?

これも赤旗が買えないほど貧しくなったからだ!アベが悪いな!

共産主義の時代が終わって、次は、ファシズムの時代か。

当たり前だろ、この世の中なのに…

みんなのコメント

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事