にゃん吉さんのツイート

藤井聡氏
税率を上げる事で景気が悪くなり所得税、法人税、消費税の税収が全部減った。僕達が貧乏になるだけでなく日本が貧乏になり社会保障も出来なくなった。消費税10%にしたら伸び率は0とかマイナスになる。0%にすれば消費が伸びて景気が上がり所得も上がり税収も増える

そうそう、これが正論。

藤井聡 プロフィール


藤井聡は、日本の社会工学者。京都大学大学院工学研究科教授、同大学レジリエンス実践ユニット長、第2次安倍内閣・内閣官房参与、統計数理研究所リスク解析戦略研究センター客員教授、早稲田大学意思決定研究所招聘研究員、京都大学地域連携教育研究推進ユニット教授、ナショナルレジリエンス懇談会座長、一般社団法人日本モビリティ・マネジメント会議理事長、京都大学土木会評議員、カールスタッド大学客員教授。シミュレーションならびに行動経済学のテーマで博士(工学)を取得した後の、心理学科や経済産業研究所、学際ユニットでの諸研究等、「実践的総合政策論および人文社会科学研究」が専門である。
生年月日: 1968年10月15日 (年齢 50歳)
藤井聡 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

山本太郎待望論。日本の良識はしっかりと観ている。

だから政権交代、総理大臣は山本太郎だ‼️

使うほど取られる消費税は、堅実な日本人の気質に合ってないのです。

人口1億超の内需大国で消費税を上げるのは無能行為

言っとくけど、物は買わんよもう。生活必需品しか!給料はあがらんのに税金は増えて毎月ギリギリ…と政府に言ってやりたいです

「消費税増税」=「デフレ促進策」

消費税は税率そのものより、あらゆるものにかかるという仕様が非常に凶悪。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事