デーブ・スペクター氏「24時間テレビ、実際は広告代理店と企業の利益とイメージアップのために続けられている」

デーブ・スペクターさんのツイート

【速報】デーブ・スペクター氏が「24時間テレビから国民を守る党」を結成へ

デーブ・スペクター、24時間テレビに皮肉連発「ギャラもらってるならば…」
<サンスポ> 2019.8.25 16:13
全文はこちら

▼ 記事によると…

・放送プロデューサーでタレント、デーブ・スペクターが25日までにツイッターを更新。24日午後6時半にスタートした日本テレビ系「24時間テレビ42」について皮肉を連発

・「すみません! 英語が苦手でちょっと知りたいが、『24時間テレビ』とかCMやイベントなどで言う『スペシャルサポーター』の意味が分からない」とツイート。「ギャラもらってるならばサポーターではなくスポークスマンになる。よっぽどの大物やそれこそ友情出演ではない限りは『スペシャル』と言うのも変」

・「24時間テレビは働き方改革違反ではないですか???」「24時間テレビのマラソンの趣旨と文明の意味は同じくらい分からない」

・「24時間は長いので、早めにおサライしてください」

↓↓↓

デーブ・スペクター


デーブ・スペクターは、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、放送作家、著作家、タレント、俳優、コメンテーターである。株式会社スペクター・コミュニケーションズ代表取締役。24時間テレビから国民を守る党所属。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。公称身長170cm。血液型O型。
生年月日:1954年5月5日 (年齢 65歳)
デーブ・スペクター - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

本当のボランティアは食費・宿泊費・交通費の支給以外、報酬貰わず、夏の甲子園であの炎天下の中約2時間も立ち続ける審判みたいな人ですわ。

ギャラが発生するので断った。さんまさんは漢だ。

我が家にも障がいを持った家族がいますが、少なくとも健常者だけの家族には判らない苦悩や喜びがあることは番組で報せているとは思う。

ブルゾンちえみさんも、行列のできる法律相談所から商品券10万円分もらってましたね。まぁ番組は違いますが、局も同じなので、なんか疑問が残ります。

第一回の『24時間テレビ』の司会を務めた萩本欽一さんは、番組の終わりにギャラを寄付しました。感動的でした。

子供の頃は素直に拝見しておりましたが大人になるにつれ、不愉快なテーマや演出が鼻につくようになり、最近は全くチャンネルをあわせません。後味が悪くムカムカする気持ちをテレビには求めていません。

正論です。ギャラを払う募金番組を流しているのは世界中で日本だけ🇯🇵

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認