海乱鬼さんのツイート

金美齢女史
なぜ靖国で逢おうという約束をして出掛けて行って、尊い命を失った方との約束を守れない日本人がいるんでしょうか。生きてる人なら約束を変える事も出来る。でも亡くなった方との約束は、違える訳には行きません!靖国で逢おうと言えば、靖国でしか逢えないのです!

金美齢 プロフィール


金 美齢は、台湾出身の日本国籍の評論家、政治運動家。学校法人柴永国際学園JET日本語学校名誉理事長、元台湾総統府国策顧問。夫・周英明との間に1男1女。TBSテレビ営業局部長の小山麻那は長女。 長年台湾独立運動に関わってきた。
生年月日:1934年2月7日 (年齢 85歳)
金美麗 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント
  • 本当に泣けてくる。なぜこんなにも軍人の方は優しく尊いばかりなのに、今のメディアはそれを取りあげる事をしないでのでしょうか。靖國神社の役割を次の世代に繋げる事が出来る様な報道をするべき。特にNHKはその役割を果たすべき。
  • 沢山の人に鹿児島県の知覧特攻平和会館に行ってほしい
  • 私は遺児です。良く言ってくださいました。金美麗様ありがとうございました。私は台湾は大好きです。
  • かつて日本政府は、命をかけて 日本を守った方々の御霊を永遠にお守りいたします!と靖国神社を作りました。これは亡き方々と我々日本人が結んだ 破ることの出来ない約束です! どのような横槍が入ろうとも守り抜かねばなりません。
  • 自分の祖父は遠い南の異国の地で戦死しました。父にそっくりな遺影でしか会うことはできませんでした。自分はとうにその年齢を越えています。自分が平和な時代を生きて行けるのは国の為に戦ってくれた祖父達のおかげです。感謝して祈りたいと思います。
  • 悪いけど死んだ人はもうどこにもいない。親しかった人の心の内にそれぞれ異なる記憶として生きているだけ。靖国に行かなければ会えないというのは政治的詭弁。
  • 日本人より日本人らしいな…。
  • 泣いたね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事