前川喜平氏「ホルムズ海峡の有志連合に加わってはならない。アメリカに付き合う義理は無い。シンゾーはドナルドにNOと言わなければ…」

前川喜平さんのツイート

ホルムズ海峡の有志連合に加わってはならない。

日本がイランを敵視する理由は無い。

参加すればイランから敵視される。

なぜわざわざ敵を作らなければならないのか?

アメリカに付き合う義理は無い。シンゾーはドナルドにNOと言わなければならない。

前川喜平 プロフィール


前川喜平は、日本の元・文部科学官僚。 文部科学省官房総括審議官、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官、文部科学事務次官を歴任。
生年月日: 1955年1月13日 (年齢 64歳)
前川喜平 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

イランが、犯人って誰が決めた?

イランがどうこうではなく石油を守るためですよね。

義理はあるだろう。ホルムズ海峡を通る日本のタンカーを今まで守ってくれたのはアメリカ軍だろう?

とんでもない事だ。何故に昔から親日的なイランを痛めつける必要が有るのだ。

個人的なアメリカ胡麻すり外交の為に、日本国民を危険に晒す総理大臣、それが安倍晋三。

いや、むしろ日本と共にイランも参加するべきです。

日本の国益を考えた行動を取って欲しい…と切に願います。

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け

アンケート投票 & 結果確認