木村光希さんのツイート

泣いたらプロじゃないって言う人いるけど

お棺に納める前に6歳の娘さん(ご遺族)が、最後パパ(故人様)に抱きついていい?

って聞かれたので

「きっと喜ぶと思いますよ」って答えたら

「パパ大好きー!」って大声出して泣きながら抱きつくとこ見たら

仕事中だけど僕は泣いてしまいますよ

↓↓↓

納棺師


納棺師は、死者を棺に納めるために必要な作業と関連商品の販売を行う職業人である。映画『おくりびと』でその存在が世間に知られることとなり、納棺師に対する興味と職業としての納棺師、産業としての納棺が知られた。呼称は他に湯灌師、復元納棺師と決まった規定はない。
納棺師 - Wikipedia

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

初めまして。元納棺師です。私も泣くのはプロじゃないと教わりました。義理母さん(故人)をずっと自宅で介護をしていたお嫁さんが湯灌の際に、「最後に洗わせてください」と故人様の名前を呼び泣きながら洗われてるのを見た時は泣けました。

このツイート見て泣いた

飼猫が亡くなって火葬した時に火夫さんが『この子はご縁があって御宅に来て幸せだったみたいですね。私も最後にご縁があって幸せです』と言って、綺麗に骨壷に入れてくれました。家族もこの人に最期のお世話してもらってとても幸せでした。人でも動物でも素晴らしいお仕事です

私は泣く方にお願いしたいです。

マジ泣かすなよ。コレを読んだ俺を。

20年程前祖父を亡くした時に湯灌をお願いをしました。寝たきりで死んだわけではないのですが体調が悪く長い間お風呂に入れぬまま亡くなったので綺麗にしてもらいました。湯灌の間中ずっと祖父に生きているみたいに話しかけながら洗って下さいました。立派なお仕事です。

読みながら涙が流れました。人間として自然なことだと思います。大変なお仕事だと思います。頑張って下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認