相次ぐ高齢ドライバー事故に東京都が対策へ 都内の大手カー用品店“急発進防止装置”が売り上げ急増

相次ぐ高齢ドライバー事故 東京都が対策

▼記事によると…

・2019年4月、池袋で起きた交通事故。87歳の高齢者が運転する車が暴走して次々と人をはね、松永真菜さんと3歳の娘、莉子ちゃん、親子2人の命が奪われました。

全国で後を絶たない高齢ドライバーによる事故を受けて、東京都の小池知事は急な加速や誤った発進を防ぐための装置を車に取り付ける費用を補助する考えを明らかにしました。

・相次ぐ高齢者の自動車事故に都内の大手カー用品店にある商品はペダルからエンジンへ流れる信号を制御することでブレーキとアクセルを踏み間違えても車の急発進を防ぐことができます。

店では4月に起きた池袋の事故後、商品への問い合わせが相次ぎ、売り上げが急増。4月と5月を比べると売り上げが10倍以上に。

2019/06/05 11:45
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5420702

小池百合子 プロフィール


小池百合子は、日本の政治家。東京都知事。 アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身した。
生年月日: 1952年7月15日 (年齢 66歳)
小池百合子 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

年齢で区切るのは間違いだと思うのだが。

全国で高齢者ドライバーが逮捕されているのにいまだ逮捕されない池袋の事故

補助金が出るのはありがたいが間違える方がおかしいだけで車は悪くないのは忘れないように

対策もさることながら、事故後の対応も適切にせんかい。

今年のGWに20代が運転する車が東北道を逆走して死亡事故起こした時は騒がなかったよな

都内だけやっても意味無いだろって。

事故るかどうかは年あんまり関係なく注意力だけの問題

<最新情報を毎日更新中>

ランキングに参加しています
1日1クリックの支援をお願いします

twitterで速報配信中

アンケート投票 & 結果確認