連続不審火、小6女児を送致「学校でのストレスを発散」

▼記事によると…

・福岡市城南区のマンションで相次いだ不審火に関わったとして、福岡県警は29日、市内の小6の女子児童(11)を現住建造物等放火未遂などの非行内容で市児童相談所に送致し、発表した。

「学校での人間関係のストレスを発散した」と話しているという。

・署は防犯カメラの映像から女児を特定。女児は、5件の火災全てに関わったことを認め「仲の良い友達が他の人と仲良くしていたことに腹を立てた」と話しているという。

5/29(水) 20:59
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000081-asahi-soci

現住建造物等放火罪


現住建造物等放火罪は、人が現に住居に使用しているか、または現に人のいる建造物等を放火により焼損させることを内容とする犯罪である。本罪では条文上、具体的な公共の危険の発生が要件になっておらず、既遂時点で公共の危険の発生が擬制されていることから、抽象的危険犯とされる。
法定刑: 死刑又は無期若しくは5年以上の懲役
現住建造物等放火罪 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

死者が出なかった事が幸い

もう、少年法無くした方がいいわよ😅。放火は重罪よ。これで人が亡くなっていたら…。

小6の子が放火未遂起こすほど人間関係にストレス感じるってよっぽどじゃな...

まだ間に合う。近くの人が優しさを教えてあげてほしい

ストレスがあったのかもしれないが、する事が考えられない。この子自身のパーソナリティに問題あるとしか思えない。将来怖いのだけど‥

小学生も、、、人間関係大変なんだな、、。でも、他の発散方法にしようね。

恐るべし小6

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事