国費で留学生受け入れ本当に必要? 自民党・小野田紀美議員が激白! 「日本人の学生にこそ国費を投じて…世界で戦える人材に」

▼記事によると…

外国人留学生の受け入れに、年間180億円以上の税金が使われているという

一方で、日本の大学生をめぐっては「奨学金破産」が社会問題化

国会では、この現状を疑問視し国費留学生制度の見直しを訴える声も出た

・小野田氏
「国費留学生たちは本来、『日本から祖国に帰り、その国の発展に尽くす』のが目的の一つだった。ところが、実際は日本国内に残って就職する例も多く、帰国者は半数にとどまる。日本人の大学生は、そんな優秀な外国人留学生が就職活動などでライバルとなる」

「日本人の学生にこそ国費を投じて、即戦力として世界で戦えるような人材に育てるべきではないのか。日本の学生の職を奪うかもしれない留学生のために国費で入れるのはどうなのか、との意見があっても不思議ではない。心配している」

「留学生OBが、出身国で得た地位をどう活用し、日本への理解を深め、日本のためにどんな影響力を発揮したかをつぶさに追い、『国費制度の効果』を定量的に検証していない。そこまでするのが、多額の国費をかけた『責任』ではないか。今後、関連予算を組むにも、『この先、何年でどんな効果を目指すのか』もセットで考えるべきだ。文科省にはそこまで求めたい」

2019年4月20日 17時1分
http://news.livedoor.com/article/detail/16346384/

小野田紀美 プロフィール


小野田 紀美は日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元東京都北区議会議員。
生年月日:1982年12月7日 (年齢 36歳)
小野田紀美 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・我が家の子も奨学金を頑張って償還しています。留学生が優遇され日本人の学生が割を食っているのはおかしいと思います。この結果、大学教員も外国人、しかも反日国の出身者ばかりになってしまいます。

・小野田議員は、自民党の中で良く言ったと思う。国費無償で外国人留学生に厚遇し、自国日本人学生へは、何の優遇制度も無く、いったいこの国の国会議員達は何を考えてるのか?理解に苦しむ❗先ずは、自国の若者へ投資してやるのが我が国の議員では無いか?

・学生はもっと怒れ。デモなどの行動をしないとずっとこのまま。

・自民党では何も変わらないです。

・もっと多くの方に知って欲しい問題。増税増税ばかり言われるが、税金はこんなとこにこんなに使われている。日本の学生に使われているなら解るがなぜ、外国人留学生にこれ程までの厚待遇な支援が必要なのか?国民はもっと税金の使い道に関心をもつべき!

・我々国民は消費税増税かたや外国人留学生には厚遇、反日達に何故国民の血税を使うのか、嫌われるのは当然の事だし区別されるのは仕方のない事です

・なんで中国人留学生にお金使うの?意味がさっぱりわかりません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

アンケート投票 & 結果確認

よく読まれている記事